製品紹介

L−シスチン(L−Cystine)

調味液写真 シスチンは、システインが2分子結合した含硫アミノ酸で、準必須アミノ酸の一種です。
弊社は、ケラチンたんぱく(鶏羽毛)から加水分解(塩酸)にて抽出しました。
既存添加物でL体は調味料、栄養強化剤に分類されています。
弊社のL−シスチンは2次加工により粒度を200メッシュパスに揃えた製品です。

C6H12N2O4S2
分子量=240.3

L-シスチン 品質規格書

性状

白色の粉末でわずかに特異なにおいがあり、味がない。

確認試験
  • 本品の飽和溶液5mlにニンヒドリン溶液(1→50)1mlを加え、水浴中で3分間加熱するとき、紫色を呈する。
  • 本品の2mol/l塩酸溶液(1→30)3mlに亜鉛末0.04gを加え、水浴中で10分間加熱し、冷後、必要あればろ過し、水酸化ナトリウム溶液(1→20)10mlを加えて振り混ぜた後、ニトロプルシドナトリウム試液を1滴加えるとき、赤紫色を呈する。
規格項目 規格値 試験法
比旋光度 【α】D 20 -215〜-230° サンプル2g→100ml(1mol/L 塩酸),乾燥物換算
溶状 無色、澄明 サンプル1.0g+20ml(1mol/L 塩酸)
液性 pH5.0〜6.5 飽和水溶液(20℃)
塩化物( Cl ) 0.1 %以下 0.07g,比較液:0.01mol/L塩酸0.20ml
重金属(as Pb ) 20μg/g以下 1.0g,第2法,比較液 鉛標準液(10ppm)2.0ml
ヒ素( As2O3 ) 4.0μg/g 以下 0.50g,第3法,装置B
乾 燥 減量 0.30%以下 105℃、3時間
強熱残分 0.10%以下 450〜550℃
含量 98.0〜102.0% 乾燥後,0.3g,Seo2 0.2g,4時間分解
一般細菌数 3000個以下 食品衛生検査指針に準ずる。
大腸菌群 陰性 食品衛生検査指針に準ずる。
※試験方法は食品添加物公定書に従う。

荷姿

10kgX2ヶ入りダンボールケース